防護柵

ホ?ム>取扱商品>防護柵>ガードケーブル

 

ワイヤーロープ式防護柵

郊外の2車線道路で、車両の飛び出しによる正面衝突事故抑止対策として開発された防護柵です。
省スペースで設置する事ができ、短時間で復旧などの特長を有しています。

主な特長

省スペースで設置が可能
現在、2車線道路の中央分離帯に一般的に用いられているラバーポールは、車両の突破を防止する機能はありません。中央分離帯用ワイヤロープ式防護柵は安全性に優れ、また支柱径が細いため省スペースでの設置が可能です。

高い衝撃吸収能力
車両が衝突した際に中間支柱が変形して倒れ、車両をワイヤロープで受け止めて衝撃を緩和し、安全に誘導する構造になっています。ワイヤロープ式防護柵は、衝突時の乗員安全性を確保する高い衝撃吸収能力を有しています。

中央分離帯開口部の確保が容易
事故等により車線がふさがれた場合、ワイヤロープを緩めて中間支柱を取り外し、片側交互通行にすることで交通を確保することができます。
早期に交通を開放することにより渋滞の緩和、追突事故の抑止等の効果が期待されます。

短時間で復旧工事が完了
中間支柱はスリーブ構造を採用しており、破損した場合、支柱を抜き取り新しいものと交換してワイヤロープを調整することで工事が完了します。
従来時間を要していた復旧を短時間で完了することが出来ます。

仕様

説明図

学生自慰免费网站_青草视频网站_FreeXX性黑人大战欧美_日本熟妇牲交视频